義母が読者モデルに応募するためにダイエットを開始した!

ダイエットで厳禁なのは過剰な食事制限です。

無理に食事制限をしても以前のパターンに戻すとすぐにリバウンドしてしまうし、永遠にその食事量を食べ続けることを思えばストレスが溜まって仕方ないですよね。

お菓子をずっと食べないなんてできるはずないので最初からやめましょう。最初はおっくうだと思うかもしれませんが、やっぱり運動が1番いいと思う。毎日の食事はダイエットをするにあたりとても大切です。
いくらエクササイズしても、消費するエネルギー以上に取るカロリーが上回ってしまうと意味がないからです。

つまり、消費カロリーが摂取カロリーより毎日上回っていれば、体重増加はないということです。また、燃焼力をあげる食事を取り入れ、さらに運動によりうまく体重を減らすことができます。

日々欠かさず行う食事を見直す事はダイエットに大切な要素となるでしょう。

ちょっと増えた体重を元に戻すためダイエットを軽くしました。ランニングなどの運動は向かないのでダイエットするときはウォーキングをいつも取り入れています。

天気が良い時はいいのですが、雨が降ってたり天気が愚図つくとどうしても外出する気分でなくなるのでそういう日にはテレビを見ながら足を動かしたり運動をします。この方法が良くて番組に夢中になれば1時間位すぐに過ぎ結構良いダイエット運動となります。
急に痩せられるようなダイエットはお勧めしません。

急に体重を落とすことは体に大きな負担をかけることになりリバウンドしやすく太りやすい体質になってしまう。

リバウンドしない身体作りから始まり、健康的に痩せるためにはバランスを考えた食事をし、有酸素運動を行い、ストレッチ、筋トレ、お腹の調子を整えたり、睡眠改善などをして、時間をかけながら努力をしていかなければならない。ダイエットをするときにはお金をかけるのではなく、普段の生活で手間をかけてみるのはいかがでしょう。
例えば、床掃除の時、ダスタークロスのようなもの使って掃除せず、雑巾を使うこと。

それで消費するカロリーが増え、ダイエットに繋がりお金も浮かせられるといいことばかりです。

当然、無理せずに続けられるレベルでいいのですが、支出が減らせて、消費するカロリーが増やせることを見つけ出していけば、意外と楽しんでダイエットができるのではないでしょうか。夜8時を過ぎてからの飲み食いはやめるようにしています。それが困難な時は、就寝に時間前には飲み食いしないようにしています。

夕食はお腹いっぱいになる前で抑えるようにしています。嗜好品は午後は摂らないように意識しています。品物を選ぶときも、少ない量のものか、小さい袋に、分割されているものを買っています。3時のおやつは、一口サイズの物だけを食べるようにしています。運動は苦手なのでしていませんが、歩ける距離は歩くようにしています。ダイエットをせねばと張り切るよりも、無理をせず痩せる習慣を付けることが大切だと思います。消費する分より、増えるカロリーが多いから太るので、カロリーを消費しやすい性格になることが大切だと思います。

そのために、タイムイズダイエットの概念を身につけましょう。

即ち、時間を大切にする意識が痩せることに繋がるのです。今できることは即座にやるようにしましょう。

掃除や洗濯、後片付けなど、思いつけば即行動に移すことを続けていれば自ずと体重は減るはずです。食べる量を抑えればダイエットということではありません。食べる量が減れば体重も減りますが、同時に栄養量が足りなくなると次に食事をした時により栄養を補おうと働きます。この変化が、食事量をダイエット前に戻したらリバウンドすることの原因なのです。
ただ体重の変化だけに注意するのではなく、内臓脂肪、代謝量といった体の質に目を向け太りにくい身体作りを目指すことです。

やみくもに痩せたいと思うのではなく、痩せた後どんな姿になりたいか具体的なイメージを描くことがダイエットを長く続けることができるかのコツだと思います。目標が見えないと努力を続けるのも難しいので、いつまでに、どのくらい痩せたい、痩せたらどういう服を着て、誰とどこで会うなど細部まで徹底的に妄想しましょう。すると、糖分を我慢することがそれほど苦にならなくなります。妊婦生活を初めて安定期に入った頃、つわりが無くなったこともあり、一気に体重が増えました。

このまま太っていけば、妊娠中に体を壊すと言われ、ダイエットを始めました。

実際にやったのは、食事の中身を見直したことだけでした。今までは食べたいだけ食べていましたが、野菜中心の食事にゼロカロリーのものに限ったおやつなど、満腹感は感じられつつ、摂取しているカロリーは少ないように変えました。

内容を変えるだけで、満腹になるまで食べていますが、特に体重が増えすぎることなく、順調です。
シニアモデル募集中

痩せるためには食事制限と運動が欠かせない

痩せるためには食事制限と運動が欠かせないと成功できないイメージがありますが、3つの意識すれば体重を減らすことができます。1.毎日同じ時間に体重計に乗ること二つ目は毎日体のプロポーションを鏡で確かめること三つ目は姿勢を意識して過ごすことこの3つを守るだけで簡単に痩せます。正しい姿勢をとるために意識することはS字に体を反らせずに真っ直ぐ垂直に伸ばすことです。ダイエットを行うにあたりいきなり激しい運動から始めるのは大変だと思うので、最初は食事量を減らしてみましょう。食事前にはコップ一杯の水を飲んで胃を膨らませます。

そして、ゆっくり食べるようにしましょう。

満腹の感覚は食べ始めて20分過ぎると感じだすと言われており、早食いは食べ過ぎてしまう元です。

最低20~30回は咀嚼して、30分くらいの時間をかけてゆっくり食べると良いと思います。

ダイエット成功のためには何事も偏って行うことはいけません。
食事を全くしない、運動を全くしないなどでは短期間体重が落ちたとしてもリバウンドに繋がってしまう場合があります。炭水化物は減らしても、その代わりタンパク質を増やしたりビタミンを多く含む野菜を食べる等、身体に必要な栄養を食事で取り入れた上で適度な運動をすることによってリバウンドをしにくい体を作ることが可能だと思います。

何となくお腹が空いたなっていうときは食べ物よりもまずは水分を口にするのがいいです。実際は水分が欲しいだけなのに空腹だと勘違いしてしまうことは多いでしょう。
それなら水をコップ一杯飲むだけで落ち着いて食べ物を口にせずにすみます。冬場には、お湯やそこにレモンスライス等を浮かべたものもおススメです。カフェインが入った飲み物は利尿作用で水分が出てしまうので、控えましょう。ダイエットにはお金をかけず、いつもの暮らしの中でひと手間かけてみるのはどうでしょう。

例えば、床掃除に昨今の便利なグッズを使わずに雑巾で拭く。
それにより消費するカロリーが増え、ダイエットに繋がりまたお金も節約できていいことづくめです。
当然、無理なく続けられるレベルが望ましいですが、出費を抑えられ、カロリーの消費が増やせることを見つけ出していけば、意外と楽しみながらダイエットを継続できるのではないでしょうか。
ダイエットを始めようと思ったのはもっと流行りの洋服を着こなしたいと思ったからです。

育児で忙しいことを言い訳にして、自分の身なりに気を配らず、若々しさやオシャレと疎遠になり、お出かけするのも億劫になってしまいました。カッコよくして外出を楽しみたい、クールな服を着たい、うわ若いママでいたい、古い知り合いに会ってびっくりされたくない、ダイエットをしていきたい理由は数え切れません。あとはダイエットをいかに続けていくかです。

やみくもに痩せたいと思うのではなく、痩せてどんな体になりたいか、という明確なイメージを持てるかがダイエットをダイエットを長く続けるためのコツだと思います。ゴールが見えていない状態の努力は続けにくいので、どの時点で何キロ痩せたい、痩せたらどういう服を着て、誰とどこで会うなどとにかく細部まで考え込みましょう。
すると、甘いものを我慢するというのが、いやにならなくなります。

ダイエットをしようと意気込むよりも、無理なく痩せる習慣を付けることが重要です。

摂取するカロリーが消費する量を超えるから太るのであり、カロリーを消費しやすい体質になることが重要です。

そのためには、タイムイズダイエットという考え方を知ることです。

つまり、時間を大切にする意識が痩せることに繋がるのです。今できる仕事を先延ばしにしないですぐにやるように心掛けることです。

掃除、洗濯、後片付けなど何でも思いついたらすぐさま動くことを意識していれば徐々に体重は軽くなっていくはずです。

ダイエットがうまくいくには、自分自身でさえダイエットを実行中だということを自覚がなくなるくらいの、簡単なものにすること、苦しくないもの、続行できるものが肝要だと考えます。

私が実践しているのは、ゆるーいグルテンフリーです。
完全なグルテンフリーは非常に大変です。

私は、小麦粉の食べ物を主食とはしないだけなので、効果はちょっとだけですが、継続可能です。もう一個、続けているのが、食事は野菜を先に口にすることです。これは食べる順番を変えるだけで、何も制限していないのでとても簡単で続けやすいです。

ダイエットを始める動機として減量してスリムになりたいというのが一番の目的にはなりますが、ダイエットが体調不良の原因となってしまってはせっかく痩せても何の魅力もありません。ボディラインに健康と魅力を反映させるには減量中の食事内容が重要視されてきます。
バランスよく栄養素を摂取できるよう野菜やお肉、お魚なども食べて、カロリーオーバーしないように心掛けて食事をし、そして汗がじんわりと出る程度の適度な運動で代謝をアップさせ脂肪燃焼効果を持続させることがダイエット成功の正しい道筋となります。

子どもが友達の影響を受けまくり!将来はデザイナーになりたいらしい

いまひとつ認知度が低いのですが、仕事をしているママで入る健康保険に加入していた場合、その加入している健康保険から給付金を受けられる制度があります。

被保険者(妊娠中の女性)がお産のため仕事を休み、その間給料をもらうことができなかったら、出産日の42日前から出産日の56日後まで範囲で出産手当金が支給されます。

休業1日につき出産手当金も金額は、標準報酬日額の3分の2に相当する金額となります。出産までは妊娠前と自分の体とは違うということを意識しなくてはなりません。
特に妊娠初期の頃はお腹も小さく妊娠する前と同じ感覚で動いてしまいがちです。

しかし妊娠初期は赤ちゃんを形作る、大事な部分を作る時期でもあるので自身の調子がいいからと言って無理のないように過ごしたいものです。ゆったりと穏やかに過ごし、少しでも身体に変調を感じたときには、きちんと休むことが大切です。自分の体に起こる奇跡、それが妊娠だと思います。愛する二人の間に赤ちゃんができたということは何より喜ばしいことだと思います。

検診ではエコー検査をしますよね。

赤ちゃんがちゃんと大きくなっているかを調べるものですが、赤ちゃんの性別を確認することもできます。

胎児の性別を早く知りたいという人も多いと思います。仮に希望していた性別ではなくても残念に思うことはありません。

産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。

妊娠経験のある友人から、妊娠すると妊娠線が出ることを聞き、怖くて諸々調べてみました。
保湿が重要ということを知り、安定期を過ぎてからは保湿効果の高いクリームを毎日毎日塗っていました。一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。

出産するまでに何個ボディクリームを使い切ったものやら…。自分が好きな香りが付いたクリームを使うことでリラックス効果もありました。

その甲斐あって、二人産んだ今も妊娠線はありません。

雑菌が性器に入ってくることを予防するため女性には自浄作用と呼ばれる、女性器にしかない機能が働いています。

しかし、妊娠すると体内のホルモンバランスが崩れ、また日常のストレスなどで自浄作用機能が低下しやすいです。
また、ひどいつわりでは食事の質の低下による体力の低下や免疫力の低下により風邪などにも罹りやすくなります。
。この事が原因で、カンジダ感染症に罹患しやすい時期でもあります。
カンジダに感染したまま出産してしまうと子供への感染リスクがあります。妊娠中はホルモンの関係で精神が不安定になりがちで、意識的にリラックスするための時間を作ることが必要です。しかし、運動や食事は妊婦さんにとって気を配るべきことが多く、それだけで大変ですよね。思いきって、クラシック音楽鑑賞や本を読んでみてはいかがでしょう。

出産前に教養を付けておくと産まれてくる赤ちゃんへの教育の第一歩になります。
肩の力を抜いて、挑戦してみましょう。妊娠期間中の体重管理は非常に面倒です。食欲が減退する悪祖の方もいますし、逆に妙に食欲が出てしまう悪祖の人もいます。予想せず体重が増え方が加速してしまったら、我が家でも楽に出来る方法があります。第一に、お風呂で体を少しずつ温めながら足の指からすべての関節を右に10回と左に10回まわしましょう。

こうするとリンパの流れが滞っていた状態から開放され、体重の増加が抑えられます。こらえが効かず甘いものが食べたくなってしまった場合は寒天ゼリーやおから入りのツイーツを自分でこしらえて食べることがお勧めです。「おめでた」がわかったら病院へ行き、本当に妊娠しているのか確認をしましょう。現在市販されている検査薬は精度が良いので、陽性反応の場合にはほぼ間違いなく妊娠しています。

ただ、妊娠検査薬が陽性であっても、受精卵の着床が子宮内膜以外の場所でされている危険性もあります。
つまり、妊娠疑いがある場合には病院へ行きましょう。初診のタイミングは生理予定日から1~2週間過ぎてからが良いでしょう。受診のタイミングが早すぎると、超音波でお腹を見ても胎のうがわからず、また来週来るように、と言われてしまいます。キッズモデル募集情報

妊娠中に守るべきことは色々あります。

常にお腹を冷やさないように注意すること、重いものを持ったり、高い位置に置いてあるものに手を伸ばさないこと。運動は適度な範囲にとどめ、全力疾走などはしないこと、規則的な生活をして生活リズムを整えること。全てどの妊婦さんも言われることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。

お腹の中の胎児に、普段から優しい言葉をかけてあげること。優しくすれば、優しい子になる、嫌なことばかり言えば嫌な子になる産んでからもこの言葉は忘れられない日々である私はもう40歳も間近の高齢出産になったので、助産師さんや先輩ママさんをはじめ、多くの方からアドバイスを頂きました。少し体重が基準より重くなっていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。

しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、いわゆる食べづわりだったので、常に何かを食べていました。すると体重はすぐに20キロ近く増えてしまい、足はむくみますし、妊娠中毒になってしまい、あと一歩で入院という酷い有様でした。
ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、最終的には及第点の妊婦だと自負しています。

ダイエット成功者は痩せ菌にこだわっている

ダイエットには無理をするのではなく続けることに注力するのがいいでしょう。
せっかく痩せてもすぐに戻っては仕方ありません。
最初はカレンダーを用意して、そこに目標を記入します。2キロ痩せるくらいの目標がちょうどいいかと思います。後、晩御飯のご飯を半分に減らしましょう。
そして30分ほど歩くようにしましょう。これを週に3日くらいのペースで続けます。

週末体重計に乗り、体重をカレンダーに記します。
いきなり多くを期待せず、徐々に減らしていくのが、継続の秘訣です。
ダイエットで厳禁なのは過度な食事制限。食事制限は元の食生活に戻したらすぐに元の体重に戻りますし、ずっとその食事量を守ることを考えたらストレスが溜まって仕方ない。

この先甘いものは口にしない、なんてできるはずないので最初からやめましょう。

始めは中々好きになれないかもしれませんが、体を動かすのが何よりだと思います。去年の末くらいからぐーたらな生活がたたり下腹が飛び出してしまっておりました。それまでは着れていた細めの服がとても着れたものではなくなりました。

そこで、炭水化物をなるべく抜き、帰宅する際にあえて一つ手前の駅で降り、歩くようにしています。休日であっても欠かさず散歩するようにしました。確かに徐々に体重は落ちていますが、落とす時にはしんどくて太るのは一瞬。ダイエットの厳しさを痛感しています。ダイエットを行うにあたりいきなり激しい運動から始めるのは大変でしょうから、まずは食事量を徐々に減らしましょう。
食事をする前にはコップ一杯の水を飲んで、胃を拡げておきます。

そして食事の時間は長く取りましょう。
満腹感は食事を始めて20分後くらいから出てくると言われており、早食いは食べ過ぎてしまう元です。

少なくとも20~30回は噛むようにし、30分くらい時間をかけつつ、落ち着いて食事をするようにしましょう。妊婦生活を初めて安定期に入った頃、つわりが無くなり、一気に体重が増えました。このまま太っていけば、妊娠中に体を壊すと言われ、ダイエットを始めました。

実際にやったのは、食事の中身を見直したことだけでした。これまではあまり制限無く食べていましたが、野菜メインの食事に切り替え、間食もゼロカロリーのものを選ぶなど、お腹は膨れるけれどカロリーは低いものに変えていきました。中身を変えてお腹いっぱい食べていますが、太ることなく、続けられています。
私は今ダイエットを、実行しています。昔、ダイエットを、行った時は体も細くなりましたが体調を崩したので、現在は運動と食事に配慮しています。
運動は散歩、ダンス、バトミントン縄跳びや筋トレを欠かさず行っています。食事は普通の人の半分位にしています。

他には体だけ痩せても心が悪くなると、いけないためヨガを行ってリラックスしています。

食事量を減らせばダイエットできるという訳ではありません。食事の量を減らせば一時的に体重は落ちますが、その後、身体が十分な栄養が足りていないと気付くとより多くの栄養を食事から摂取しようと変化します。

その状態で食事量を以前に戻すとリバウンドすることの原因なのです。

ダイエットで着目すべきなのは、体重の増減だけでなく、内臓脂肪や筋肉量といった身体の内側に目を向け太りにくい身体作りを目指すことです。ダイエットをしたいと思うことが無い女性はまずいないでしょう。
私も思春期以降は常に体重を気にしている状態です。

テレビやインターネットなどで毎日のようにダイエットに関する情報を目にしますが、情報過多でどれを読めばいいのか分かりません。どの方法を取り入れるにせよ健康を維持できない方法だと、生理不順になったり、骨の強度が下がったりするので、無理せずに行いましょう。

最近2週間ほど、ちょっとした空腹時に甘くない炭酸水でブルーベリー黒酢を割ったものを混ぜたものを飲んでいます。6月後半ごろから体重が右肩上がりでしたが、無理な食事の量を抑えていたのではなく、自然と食欲もおさまり、体重はピーク時より2kgほど落ちました。寝る前には欠かさず足の上下運動を両方10回強やるだけですが、ウエストがかなり引き締まりました。

ちょっとした空腹時には食べ物を食べてしまうのではなく水分を摂取するのが良いと思います。

実際は水気が欲しいだけなのに、空腹だと感じてしまうことは多々あります。そういう時は、お水をコップ一杯飲むとお腹が落ち着き、何も食べずに済みます。

寒い時は、お湯や、お湯に生姜やレモンのスライスを浮かべたものでもいいでしょう。カフェインが入った飲み物は利尿作用で水分が出ていってしまいますので避ける様にしてください。

関西で赤ちゃんモデルになりたい人必見の情報

23週で子宮頸管無力症と診断され、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。

正産期はまだ少し先ですが胎児も2000グラムとすくすくと育ってくれて早産になってしまわないかと不安な日々ですが、産休期間に入り、ゆっくりと過ごさせてもらっています。ネットを見ていると同じく切迫早産や頸管縫宿術を経験された方のお話で勇気付けられています。このまま何事も無く元気な赤ちゃんを出産できるよう、あとわずかの妊娠生活を楽しみたいと思います。妊娠初期のつわりの影響で、食べることが難しい人がいると思う。
それでも赤ちゃんは栄養を取らないと、育たないので、おじややゼリーなど食べやすいものを食べれればいいと思う。固形物が食べれなくても水分を補給することはとても大事である。

またつわりがなく、いくらでも食べれるといって過食もよくない。

妊娠高血圧症、妊娠糖尿病に罹患する可能性もある。栄養バランスをよく考えて食べることが大切であり、また元気な時は適度な運動をすることが赤ちゃんにも母体にも大切なことである。

検査薬に縦線が入ったときは本当に嬉しくてはしゃいでしまいました!ですが、どうにもできないつわりの症状が1週間後から始まり、トイレとベッドをひたすら往復しなければならない毎日で、そんな状況で出社するなんて無理な話で、ほとんど食べることもできない日が続きました。たった3週間でしたがあのときは本当につらかったですその後は落ち着いて葉酸サプリを飲んだり妊娠線ができにくい潤いのある肌を維持するために保湿クリームを塗ったり出産で赤ちゃんの為とはいえ会陰を切られることが怖くて仕方ありませんでしたが楽しくお腹の赤ちゃんと過ごすことができました。初産婦さんの場合、知らない事が多すぎて、毎日といっていいほど不安になる事もあるのではないでしょうか?快適なマタニティーライフを過ごすには、気持ちをのんびりと落ち着かせるようにしましょう。ママの気持ちが不安定だと、お腹の中で一生懸命頑張って生きようとしている赤ちゃんも不安になります。

大きくお腹が出てくると腰や足の付け根が痛むかもしれません。
サポートベルトの類を腰に巻いておくことで腰痛を緩和できます。

使用すると痛みが和らぐのでお薦めです。お腹に赤ちゃんがいる間、妊婦検診で所見に問題なければ、医師から軽い運動を勧められる事があります。

赤ちゃんを産み落とすのにとんでもない体力を消耗するので、妊娠中はできるだけ体力を付けておいたほうが良いのです。

また、体重増加を緩やかにする目的もあります。しかし、お腹の張りが頻繁に起こるなど安静であるよう指導が入っている人は、主治医の指示に従って生活してください。あくまでも、運動は経過が健全な人にだけ許されています。

妊娠を希望するときには、まず基礎体温をしっかり計測して、自分の月経サイクルを知る事が必要です。

排卵のタイミングに合わせて夫婦生活を行うことで、より妊娠しやすい環境になります。

しばらく試みても妊娠しない時には、旦那さんとよく話した上で、赤ちゃんができる体でお互いあるのか、不妊原因となるものはないか。

それをしっかりと医療機関でチェックしてソリューションを見つけるのも方法ですね。妊娠線が付かないようにするには太りすぎないようにする他に、妊娠線予防クリームを塗ることが大事と言われています。クリームを塗る際にあわせてしっかりマッサージをすることがポイントです。
マッサージをすることで脂肪を柔らかくしておき妊娠線にならないようにしてあげることも大切だと思います。

その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、縦横に塗り込んでいくのがコツです。その時、掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに。妊娠28週目以降はますますお腹が大きくなり、小さなことでもお腹の張りにつながってしまう事が増えます。
1時間に2.3回程度、痛むわけでもなく不規則な張りの場合は生理的な現象で心配いらないものです。それでも短期間に頻度も高く張ってくる場合は注意を払ってください。張るだけで痛みはない場合でも、何度も規則的に続くようであればそのまま陣痛になってしまうことがあるのです。赤ちゃんは正産期までお腹にいることが一番いいので、少しでも不安に感じたらすぐ病院へ行きましょう。

切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、身体を冷やさないようにという事でした。夏の暑い日でも靴下を履いて、足首を触ってみて冷たければレッグウォーマーも履いていました。もちろん素足でサンダル履きは厳禁です。

寒い冬には腰にカイロを貼って、足先にもカイロを付けていました。夏によく冷えた飲み物が飲みたくても我慢して常温のものや温めた飲み物を飲むようにしていました。

妊娠している間は食事に気を付けましょう。
ビタミンAを摂りすぎると赤ちゃんが先天性奇形になりやすいという事で、レバーやウナギをあまり食べないようにしました。

細胞分裂が激しい妊娠初期には特に意識しておく方がいいようです。ビタミンAを多く含むウナギは妊娠中に摂っても問題が無いビタミンAの最大量にわずか一口で達してしまいました。

もうすぐ臨月、前あき服を探し中です!

そろそろ明るい色が着たくなってきました♫
赤ちゃんが産まれたら授乳しやすい服がいいかなと前あきの服を探しています!

 

来週から臨月です、赤ちゃんのもの、自分の入院準備、全然足りてなくて焦ってます(^_^;)

でものんきにラーメンまつりに行ってきました★

人すごい!!
ラーメン、やめられない…

風邪ひいて治りました

旅行行ったり調子に乗っていたら風邪をひきました…
あまりやる気が出ない日はまとめ髪、帽子、メガネ、ワンピースとラクラクコーデです(^^)

暖かい日で、ストールはおるだけで出かけられました♬
ワンピースはH&Mです。

妊婦は薬が飲めないため、睡眠、ビタミンC、体をあっためる!
しょうが湯効いた気がします!

小物で暖かく、おなか目立たなくしてます!

名古屋城でイベントしてたので行ってきました。
寒いので、リリーブラウンのニットワンピにムートンコート、帽子とストールで完全防寒です!
冬は小物でおなかカバーができますね。
動きにくいけど暖かくていっぱい歩けました(^^)

イベント、色付きの光るボールが転がってる感じでした(^_^;)
写真は幻想的☆

もう年末、早いですねー!!

前倒しクリスマス☆やっぱりワンピが活躍します!!

クリスマスはだんなさんお仕事なので、早めにケーキ買いにいきました(o^^o)

今週急におなかが出てきて、人から妊婦とわかるようになってきました!
いよいよ入る服がない…

ちょっと前のリリーブラウンのワンピースです。これはラクチン!!

なばなの里に行きました♫
くまモンコラボがかわいかったです!!